FC2ブログ

きらきらぼし。

君を好きになった夏がまたやってくる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

馬鹿野郎の日。

あい´ω`ノ今週から山田くん×龍太郎のセブンラジオが始まりましたねー(はぁと)


(※注 オンエア当時=2011年2月28日)


楽しみで楽しみで聴きながらうはうはでしたごちそうさまでした__●_
前にこの二人がペアだった時と今はちょっと立場が違うから聴いててちょっと不思議な感じだったな´ω`
久しぶりに山田くんがいっぱい喋ってるのを聴いた気がするんだけど、ほんとによく話すよね(笑)(ラジオなんだから当たり前っていうツッコミは無しね)



龍太郎くんは圭人と話してるときよりゆーとと話してる時よりちょっとたじたじしてて怖じ気づいてる感じが可愛いかったです(笑)
ちょっと龍太郎、山ちゃんに押され気味じゃない?(笑)
龍太郎、山ちゃんには勝てないってよく言ってるからね(笑)


ではでは、優的視点レポ投下!どーん!




『Hey!Say!7 Ultra Power 2月28日 山田涼介×森本龍太郎』





・2月28日は馬鹿野郎の日。山田くんはよく龍太郎に馬鹿野郎と思ってるらしい(笑)
・「言うと思った(龍)」「だろうね(涼)」「絶対言うと思った(龍)」な息の合った返しをする同期コンビ(笑)

山田くん「生きていればそりゃあ壁にぶち当たることもあるさ」
龍太郎「そうっすね」
山田くん「あるでしょ?」
いきなり語り口調になった山田くんを軽くかわす生意気龍太郎くん(笑)

・馬鹿野郎と思うことは?
「兄弟げんかではしょっちゅうですね」な森本兄貴。
・「コンサート期間にやるのはやめて。お願いだから」普通にお願いする山田くん(笑)
・「ケンカする程仲良いって言うからほどほどにね。仲良くやってくださいよ」な龍太郎にお兄ちゃん目線な山田くん´ω`

龍太郎「山ちゃんは?」
山田くん「馬鹿野郎?お前にだって」
龍太郎「何で俺なんですか?」
山田くん「日頃思ってますよ?馬鹿野郎この野郎って」
龍太郎「お?お?お?そういうこと言っちゃう?」
山田くん「言っちゃう」
龍太郎「おー出たそのパターン」
山田くん「どのパターンだよ?(笑)」
(スタッフさん爆笑)
山田くん「恒例みたいな言い方やめろよ。そんな頭良くねーだろ俺ら」
龍太郎「(笑)」
山田くん「やめて?ゴール見えない俺は」
龍太郎「なんかあるんですか?そういうこと。言われた時に何に向かって言うとかあるんすか?」かなり弱気だねw
山田くん「ない!うん、ない」
龍太郎「………(無言)」
山田くん「拾えよ(ドSな山田くん)」
龍太郎「いやその返しを◎$△☆…」強気で攻めてくる山田くんにどもってしまう弱気な龍太郎くん(笑)
・頭に来たら1人でキーッとなってる山田くんを「その光景しょっちゅう見ます(笑)」な龍太郎くん。ひかるーん、この子山田くんには敬語使ってるよー(笑)

・山田くんの「こんばんぬらりひょんー」が何なのか分からなくて「(俺の挨拶だから)付き合ってくれ」って山田くんに言われて笑う龍太郎くん(笑)

・ものまねにはまっているリスナーさんからお便り。リスナーさんが出来るものまねの高木くんと真矢みきさんに異常に反応する龍太郎くん。平成ファミリーズ昭和平成でお世話になったからかな?
龍太郎「(ものまねできるのは)素晴らしいですね」
山田くん「よくコンサートで(ものまね)やってんじゃん」
龍太郎「最近あみだしたっちゃあみだした」
薮くんのものまねよくするけど、薮くんに怒られたくない龍太郎。薮くんって言葉を言うだけで吹き出しちゃうなんてそないに薮くんが好きなのね(笑)山田くん「気持ち悪い」って(笑)
山田くん「(ラジオじゃ伝えにくい部分あるから)龍太郎のものまね見たい方はぜひぜひコンサートへ来てもらえると…」ザ☆コンサートでしか動画が見れないアイドルktkr☆(笑)

・セブンラジオ初回オンエアを久しぶりに聴いたリスナーさん。当時セブンは漢字で「子」だったけど今はどうですか?なお便り。
龍太郎「結果的にセブンは子供なのかな?」
山田くん「お前に言われると腹立つな」(優「山田くん龍太郎には遠慮無しっすね(笑)」)

龍太郎「(山田くんの話をスルーして)無いってことでいいですか?」山田くんに敬語使うわりには生意気な龍太郎くん(笑)
「色じゃないですか?やっぱ」by 山田くん
「(山田くんに色々説明してもらって…)ってことは色ってことですか?一文字で表すと」人の案を持ち逃げする龍太郎くん(笑)
「俺最初に言ったよね?」お調子者の龍太郎を一喝する山田くん(笑)この流れスタッフさん爆笑(笑)


♪「『ありがとう』~世界のどこにいても~」


山田くん「あっという間にお別れのお時間ですよ」
龍太郎「はい、早いもんですね」(優「龍太郎さん落ち着いてますね~」)
山田くん「誰やねん」
二人「(笑)」
山田くん「月が経つのは早いもんですね~みたいな」
龍太郎「(笑)いや~久しぶりなんじゃないですか?」
山田くん「龍太郎と?」
龍太郎「はい」
山田くん「ま~やりたくなかったですけどね」
龍太郎「ま~同じですね、そうですね(小声)」
山田くん「モゴモゴ言うなよ。モゴモゴ言うなよ。ハッキリ言えよ、お前。ラジオだぞ!」(優「たしかに同感!」)
龍太郎「目の前にいるしー、実際やりたくなかったとか言うしー」
山田くん「あ、ショックだった?(笑)ごめんね、嘘だよウソウソ…恒例だろ俺らの(笑)」
龍太郎「フハハハハ(笑)」
山田くん「これからもやってくから」
龍太郎「あ、まじで?」(優「龍太郎さんやっとタメになった笑)
山田くん「1週間とりあえずやってくから」
龍太郎「(笑)」
山田くん「よろしくね(笑)」
龍太郎「(笑)はい、おっけーです」
山田くん「はいよー」


携帯の未送信BOXに入ったままだったので更新してみました(笑)
なんだかんだで二人っきりになると山田くんには弱気な龍太郎くんがひたすら可愛い(笑)
あとやっぱり山田くんとツッコミどころが似てるな~って思いました(笑)
やまもとは私の永遠の癒しですね~(*´ω`*)




.
スポンサーサイト
  1. 2011/03/01(火) 16:25:45|
  2. ラジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『柔らかいご飯が好き。』

こんばんはー。


久しぶりに時間できたのでセブンラジオ、レポってみましたーヽ´▽`ノ


先週の火曜日の龍太郎×圭人のヘイセイワーズです。


すごい亀更新なんですけど…(汗)


よかったらチラ見して行ってくださいな~´ω`ノ





『Hey!Say!7 Ultra Power 10月26日(火) 森本龍太郎×岡本圭人 第1週2日目』




圭:こんばんは!ヘイセイセブンの岡本圭人です。
龍:こんばんは!ヘイセイセブンの森本龍太郎です!今日はこんなお便りから始めます!東京都、ラジオネームゆめのかーちゃんさんからです。
圭:ゆめのかーちゃんさん。
龍:はい。
圭:こんばんは(小声)
龍:『こんばんぬー』(笑)
圭:なに?(笑)
龍:いや、俺がこんばんぬーって言おうとした瞬間、こんばんはーっていうからさ(笑)
圭:言う前に言っちゃ悪かった?
龍:言い方がね(笑)なに?こんばんぬって流行ってるの今?
2:ね(笑)
圭:こんばんは。
龍:ふふふ(笑)
圭:どーしたの?どーしたの?
龍:こんばんぬ!圭:こんばんは!(同時に)
龍:『いつも中1の娘と楽しく聴いている親子でJUMPのファンです』
圭:は~い。
龍:はい、『娘には幼稚園からずっと手作りお弁当を持たせていますが、』
圭:おー。
龍:『わが家のご飯はちょー堅めだから柔らかいご飯は苦手です』
圭:あー。
龍:『セブンのみなさんはご飯は堅めですか?柔らかめですか?』圭人、ご飯堅めですか?
圭:ご飯かため。俺、堅めじゃないとダメ。堅めか普通。ちょいやわ、ちょいやわでも大丈夫、ま、かため。だね。
龍:堅めっていうのはさー、どーゆーこと?
圭:だからーご飯炊いたことある?
(優:圭人さん龍太郎のことよく理解してますね笑)
龍:ない。
(優:やっぱりだー笑)
圭:あ、じゃもう話にならない。
2:(爆笑)
龍:わかった。うち変わってるんだよね。
圭:どー変わってるの?
龍:ご飯って毎日炊くもんじゃないじゃん。
(優:ラジオの前の伊野尾氏はきっと『ありえなーい!』って叫んでるね笑)
龍:だから、余ったご飯冷凍庫に入れて、冷やして、レンジでチンして、またご飯食べる。だから…
圭:龍太郎のご飯は、家のご飯は堅いの?柔らかいの?
龍:あのね、日によって違う(笑)
圭:じゃ、平均的に龍太郎んちの家のご飯は堅いの?柔らかいの?
龍:堅いのかな、俺は(笑)
圭:堅いの?柔らかいご飯は食べたことありますか?
龍:柔らかいご飯炊いたときが一番多かった。
圭:柔らかいご飯が好き?
龍:柔らかいご飯が好き。
圭:なるほど。え、そんな、そんな気にしない?そのご飯の堅さとか食べるとき。
龍:そう?
圭:気にする?
龍:しないしない。
圭:マジ?
龍:食えればいいと思ってるから俺。
スタッフ:(笑)
圭:食えるっちゃ食えるけど、堅いのじゃないとダメ。
龍:堅めってさーどんな感じなの?
圭:堅め?堅めはねー何だろ、何だろう?わかりやすく言ったらちょっと多めに食べてゴクって飲もうとするとたまに喉につまる。
龍:あ!もう、とんがってるみたいな感じ?
(優:どんな感じだよ笑)
圭:とんがってるって言うかねー。うーん。俺説明下手だからさ、説明できねー。今度食わしてあげるよ。
スタッフ:(笑)
龍:そっちの方がはえーわ。そっちの方がはえーわ。ま、そーゆーことね。そろそろ始めましょう。
圭:はい。ヘイセイセブン。
2:ウルトラパワー!



龍:今日は番組のコーナー、ヘイセイワーズです!
圭:はい!ミスターヘイセイワーズのね、龍太郎さんに、
龍:はい。
圭:期待しましょう。
龍:そーですね、期待してください!



龍:「ヘイセイワーズ!」
圭:はい、えーこのコーナーはですね、(中略)コーナーです。
龍:はい、まずヘイセイセブンのジェントルメン圭人にやってもらいます。えーこちらは山口県あやかさんからいただきましたね。
圭:あやかさん?
龍:はい。『ヘイセイセブンのみん(な)、お二人さん、ちが、ヘイセイセブンのお二人さん、こんばんぬ。』
圭:こんばんぬ。
龍:『私は圭人くんが大好きな中3のちゅう、受験生です。』
圭:おー中3の受験生か~。
龍:はい。で、『知念くんゆーとくん山田くん龍太郎くんたちも大好きです』ありがとうございます。
圭:あー。
龍:…ハッハッハッ(笑)
圭:ま、いーけどー。
龍:『私が言ってほしいセリフはこれです。』って書いてあって、
圭:書いてあって。
龍:で、『なるべく言いやすいようなセリフにしてみました』もー、ヘイセイセブンが大好きです、圭人くんの次にじゃん(笑)だからさぁ~笑っちゃってさ(笑)
圭:なんか、あんな言いやすいセリフでいいの?(笑)
龍:あっ!言いやすかった?俺さーてっきりの上のやつの方が面白いからさ、そーいうの選んじゃった(笑)
圭:あー『圭人くんが大好きな中3の受験生です!知念くんゆーとくん山田くん龍太郎くんも大好きです!』
龍:(ずっと爆笑)
圭:まとめれるのになーヘイセイセブンになー(笑)なー(笑)ヘイセイセブンが大好きですって言いたかったんだろうなー。(みたいな感じ?)
龍:じゃ、圭人さんお願いしますよ。もーびしっとね!もー決めてやってくださいよ。
圭:「な!一緒にゲームやろうぜ!俺、絶対負けねーから」…はい。
龍:まっ滅多に言わないですよね圭人は。
圭:いや、そんな言わなくはないでしょう(笑)
龍:(笑)
圭:そんな言わなくは…たぶん、うん、言ったことあるね。
龍:ある?俺、圭人にゲームやろうなんて言われたことないかもしれない。
圭:うーん。俺、ゲームやんないもん。
龍:だよなぁ。
スタッフ:(笑)
圭:まぁ、言わないね。
龍:言わないもんね。
圭:そうだねぇ。はい、じゃあ続いては、えっとですね、こちらはですね、ラジオネーム、ドラゴンキャベツさんからいただきました。えー『私は森本くんと同級生です』
龍:ありがとうございます。
圭:えー『このセリフは…(噛む)言ってもらいたい、勉強頑張れます。強気な感じでお願いします』
龍:強気な感じですか?
圭:強気な感じで。
龍:あ、なるほど。
圭:はい。ま、言ってそうですね。これも。ぶっちゃけ。そんなに難しくはないはず。
龍:あっ!こんな、これはね!
圭:今回、今回のヘイセイワーズそういう系が多かったんです。
龍:あ!多かったですかー。
圭:うん。
龍:これは僕にとってはもう簡単ですね。
圭:あ、そうなんですか。しょっちゅう言ってるもんね、そういうセリフ。
龍:しょっちゅう言ってますよ。
圭:言ってるよなー。
龍:もう全然バリバリ。
圭:…バリバリ?
龍:バリバリ言ってます。
圭:じゃあ、どうぞ。
龍:「お前がもしー、次のテストでー、俺よりもいい点取ったらー、学校からー、お姫様抱っこして、家まで送ってやるよ。ま!俺には勝てないだろうけどな。」…………。ぜってぇ言わないけど。
スタッフ:(笑)
圭:たまーに見るもん。電車乗ってて、電車の窓から、なんか外見てると「あれ?龍太郎誰かお姫様抱っこしてるー」って(笑)たまに見るもん。
龍:ねーそういうくっだらない嘘つかなくていいよ(笑)
スタッフ:(笑)
圭:うーん、ちょっと無理矢理すぎた。
龍:(引き笑い)こんな風にね、こんな、これからも楽しい…
圭:これからもね。
龍:はい。セリフ送ってください。以上、ヘイセイワーズのコーナーでした。
圭:はい。それでは、1曲聞いてください。Hey!Say!JUMPで、
2:瞳のスクリーン。




いまいち龍太郎さんの笑い方が文章に起こせないのは私の聴力が弱いのか、私の文章能力が足りないのか(笑)

いつか言葉に表せたらいいですねー´ω`

個人的にすごい好きな笑い方だから言葉に表したいんですけどねー、難しいです。

初めは「何このぐだぐだラジオ!」って思ってたけど、くてくてに疲れた脳をぐでんぐでんにトロトロに癒す効果があることが判明しました´ω`ノ

頭の中がこちゃこちゃでパンクしそうな時には龍太郎×圭人ラジオをおすすめします(笑)

ではでは、バイト行ってこなくちゃ行けないのでね、行ってきます。

ちょっとだけ学祭の打ち上げ行きたかった気もするけど、会費払う余裕もございませんorz

大人しく小さなことからコツコツとがんばっていきましょー!

それでは、また!

ばいちゃ~。
  1. 2010/11/01(月) 17:23:58|
  2. ラジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

『MAXめんどくせっ!』

こんばんは~´∀`ノ


昨日から龍太郎×圭人のセブンラジオが始まったわけですが、楽しみにしてたわりにぐだぐだすぎて拍子抜けしてしまった優です(-ω-)


レポしようと思ってたのにかなりやる気失せたorz
いつもこんな感じなの?
本人たちはこれでいいと思ってるの?
そこのところよくわかんないけど(笑)
レポ投下どーん!



『Hey!Say!7 Ultra Power 10月25日(月) 森本龍太郎×岡本圭人 第1週1日目』



圭:こんばんは!へいせいせぶんの岡本圭人です。
龍:こんばんはー!森本龍太郎でーす!
圭:今週はね、僕たち二人がお送りしたいと思います。
龍:はい、お願いします。
圭:(はぁ~)やっぱ龍太郎か…。
龍:やっぱ龍太郎って今日知ったんだろう?
スタッフ:(笑)
圭:なに?
龍:今日知ったんだろう?
圭:だってさーさっきさーまぁ入るじゃん文化放送の中に。
龍:うん。
圭:入るまで知らなかったの、今日誰とやるか。
龍:うんうん。
圭:でー俺はてっきりーあー山ちゃんかと思ってたの。
龍:俺、ゆーとくんかと思って来た(笑)
圭:ずーっとさぁ山ちゃんとずーっとやってなくて、おーおし、今日頑張るぞと思って来たらね。
龍:来たらね、じゃなくて~(笑)ちょっと待ってよ。
圭:まさかの龍太郎でね~。
龍:まさかじゃねーだろ!?
圭:まさかだよ~。だってこの前知念とやってすんげー楽しかったんだもん。
スタッフ:(笑)
龍:馬鹿じゃねーのお前?
圭:馬鹿じゃないよ。まぁいいんだけどね。
龍:じゃ、それ最初にゆーなよ。
(優:乾いた笑いってこういう時のこと言うんだろうね…-ω-)
圭:それが言いたくてさ。
二人:…(笑)。
龍:ね。
圭:うん。ま、こんな感じでそろそろ始めましょう。


『ヘイセイセブンウルトラパワー』


圭:「ヘイセイレター」
龍:面白い出来事~(中略)コーナーです。
圭:はい、早速紹介したいと思います。こちらはですね、ラジオネームあっちゅさんからいただいたお便りです。『こんばんぬ!』
龍:こんばんぬ。
圭:『私は北海道に住んでいる龍太郎くん…の、お母さんが好きな高校一年生の女の子です。』
龍:そこをあえて俺にしてほしいね。
(優:言い方がやばす!!´Д`)
圭:はい。『10月になって寒くなり、北海道ではもうすぐ雪が降り始めるんですが、』
龍:あぁそうですか。
圭:『雪が降る前に雪虫という虫が出てきます』
龍:おぉ~虫!
圭:『そこで気になったのですが、東京にも雪虫はいるんですか?ちなみに雪虫とは雪のように白くてちっちゃくてまるで粉雪のような虫です。かっこ、このときに龍太郎くんが粉雪を歌ってくれたら嬉しいです』を踏まえてじゃもう一回行きます。え~『こんばんぬ。』
龍:(ちょいちょいちょいみたいな感じ?)
スタッフ:(笑)
龍:え?どーいうこと?(笑)
圭:だから最後に~『東京にも雪虫はいるんですか?ちなみに雪虫とは雪のように白くてちっちゃくてまるで粉雪のような虫です。このときに龍太郎くんが粉雪を歌ってくれたら嬉しいです。』って…
龍:かっこわらいって書いてあんじゃん?笑いに変えなってことか、別にそれにこだわる必要ないじゃん。
圭:もう1回読むよ?
龍:えーMAX(まっくす)めんどくせっ!
スタッフ:アハハ(笑)
全員:(爆笑)
圭:まぁまぁまぁ、えー『そこで気になったのですが、東京に雪虫はいるんですか?ちなみに雪虫とは雪のように白くてちっちゃくて粉雪…』
龍:「こーなーゆきーねぇ」
圭:だそうです。えー『東京にも…』
龍:おい!おい!
圭:え、なになになに?
龍:ダダズベリじゃねーかよ(笑)
圭:なにが?
龍:やれって言ってやってさ。いっつもそうだよな、圭人。
圭:えー違う。別にスベるとかそういうのかんけーないんで面白い面白くないは。あっちゅさんはー歌ってくれたら嬉しいの。今ので嬉しいんだよ。
龍:あ、そうなの?(笑)
圭:ね?まぁまぁ。行くよ?雪虫はいますか?っていう…
龍:雪降んないんだからいないんじゃん。
圭:え?
龍:雪降んないんだから。
圭:そうだよね(笑)
龍:雪降んないんだからいないんじゃん(笑)圭:降らないから雪虫はいません!
龍:(笑)
圭:いません!
二人:(笑)
圭:ちょっとわかんない。ごめんなさいね、あっちゅさん。
龍:はい。えっと…埼玉県ラジオネームゆずさんからいただきました。『ヘイセイセブンのみなさん、こんばんぬ。』
圭:こんばんぬ。
龍:『いつもセブンのラジオを楽しみに一日を過ごしています』
圭:ありがとうございます。
龍:『私は高2なのですが、私の高校にはロードレース大会という、女子は10キロ男子は15キロ走る行事があります。しかし私は走ることや体育の授業でさえ苦手なのでこのロードレース大会は、私にとってとっても辛いんです。毎年どうやって走ろうか悩んでいます。セブンのみなさんには超距離走を走るときのコツはありますか?もしあったら教えてください。教えてもらったことを実践してロードレース大会に望みたいと思います!ぜひアドバイスよろしくお願いします!』圭人やってなかったっけ?マラソン大会で…
圭:超距離好きだよ。
龍:何位なんだっけ?
圭:え?
龍:何キロだっけ?
圭:何キロ?俺ね、5キロ(笑)
龍:でも何位だっけ?
圭:5キロで…1位。
龍:嘘でしょ?(笑)5キロで1位なのお前。
圭:学校で1位になって…それで学校大会みたいなの、他の学校集めて…
龍:おぉ~。
圭:まぁ、5校6校くらいやるの。それで…それの中でやって2位だった。
龍:コツとかなかったわけ?
圭:コツとか?
龍:うん。
圭:何だろう?えっとねーやっぱね水飲みすぎちゃうとね、うーってなっちゃう。
龍:あー走ってるときに。
圭:わかるっしょ?
龍:うんうんうん、はいはいはい。
圭:だから、水とかあとあんま食べないようにしてた。
龍:本番前とか?
圭:本番前。食べないようにはしてたけど、ぶっちゃけめっちゃ食ったけど(笑)
龍:(笑)
圭:食べないようにはしてた、うーってなっちゃうから。
龍:(笑)
圭:わかるっしょ?
(2:「うー」に関して笑えるらしい)
圭:まぁ、身体を軽くしたらいいんじゃないですかね?
龍:あー。
圭:超距離走るためには。まぁー1年に1回だけだしね。ぱぱーっとやって、ぱぱーっとね。だって、1時間くらいでしょ?10キロ15キロなんて。
龍:そんなかかんの?
圭:うーん、だって俺5キロ20分くらいだったから。
龍:そんなかかんだ。
圭:でも10キロだともうちょっとかかるじゃん?だから1時間くらいだから、まぁね、1年に考えてね、365日の中の1時間って考えたら、少ないもんだ。
龍:……。
圭:何で黙んの?(笑)
龍:いや、今の話ダダズベリでしょ?完全に(笑)
スタッフ:(笑)
圭:いーよ別に面白いから言ったわけじゃない。
龍:顔、結構ウケたぜみたいな顔してたから(笑)
圭:してない(笑)
龍:(笑)こんな感じですね(笑)
圭:こんな感じで。
龍:はい。僕らへの質問~(中略)送ってください!以上、ヘイセイレターのコーナーでした。



歌『Dremer』




はっきり言ってレポするほどの会話ではない(笑)
ということで、お二方今日のワーズはぜひ頑張ってください(_ _)
だから、無駄な期待はしない(笑)


じゃあ、バイト行ってくる!
  1. 2010/10/26(火) 18:22:57|
  2. ラジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。